「なんでも鑑定団」北原照久さんがお金持ちな2つの理由

img_1370

「なんでも鑑定団の鑑定士」「ブリキ博物館館長」「おもちゃ博士」

テレビでおなじみのコレクター北原照久さんはおもちゃだけでなく、映画のポスター、本、骨董品、ありとあらゆるものをコレクションしている

その数は4トントラック109台分

コレクターであり、集めたコレクションは一切売らない、現在所有する6箇所の博物の展示品はコレクションのごく一部

しかも自宅は葉山の旧竹田宮別邸、8億もするボートハウスである

ここで気になるのはどうやってそのお金を生み出しているのか?

答えは、博物館の入場料やそこで販売するグッズ、テレビやCM、講演会のギャラ、書籍その他の執筆だそうです

自他共に認める幸せな男のインタビューを聞いているとその秘訣は2つだと気づきます

そしてそれが多くの良いコミュニティを築く最高の方法であることもわかります

話せば叶う、思いを人に喋り続ける

北原照久さん
身体は食物で作られます、心は聴いたコトバで作られます、未来は話したコトバで作られます。僕は今まで願ったことはすべて叶った最高で素晴らしい人生でした、そしてそれを今もそうですがいつもコトバにし続けています

自分の人生が最高だ!と言える人生は素敵です

叶うという字は口に十、コトバに出せば行動が変わり、行動が変わると波動が変わり、運気も変わる

最初は誰も信じてくれないことでも、コトバにして実行していくことが大切なのだそうです

 

時間はかかるが言い続けること
北原照久さん
17歳の時から加山雄三に会いたいと言い続けて52歳の時に会えました

実現する夢とそうでない夢はの違いは執着心でしょうね

20歳で欲しいと思った車は50歳で手に入れました、27歳でおもちゃ博物館を作りたいと思った夢は37歳で叶いました、30歳の時に夢見た8億の物件は49歳で手に入れました、吉永小百合さんには60歳でお会いできました

叶えたいことは言い続ければ叶うを体現し続けた人生です

やりたいことは次々出てくるけどそれをいつまで持ち続けることができるかで差が生じる、というかホンモノかそうでないかの違いです

そして最も響いた言葉は

逢いたい、したい、なりたいは一人じゃできないだから言い続けるんです

夢の実現は人との関わりが大切それを叶えてくれる人、自分のコトバを聴いてくれる人そういう人たちを周りに引き寄せることができるか、つまりコミニケーション力と、その結果の良いコミニテイーの形成が大切だということです

%e7%b7%91%e3%81%ae%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%82%ab%e3%83%bc

自慢家であるが謙虚であること

自慢できるような人生でありたい

人ができもしないという自分の夢を語り続けるということはある意味大法螺吹きか、鼻に着く自慢やだったりします

居ますよね、そう言った人が。

だけどそう言った人達の中で魅力的な人がいるのも確か

北原照久さん
「ガキっぽい」と「少年ぽい」は意味が違います、100の苦しみがあっても101楽しければそれでいい、それを心から嬉しいと思えるかどうかです

確かに100個の苦しみを避けたり、愚痴ったりしていては101個の楽しみはあまり楽しくないですね、人生を楽しさにクローズアップできる人の方でなければ好きなことで生きていくことはできないということです

夢の実現―ツキの10カ条

出典:amazaon

一人じゃ成功はありえない
北原照久さん
  小さなものでも手に入れた時は心から喜びます、信じられないほどその幸運に喜びを感じてそしてそれを感謝します感度と人に対する感謝は人一倍大きいと言われます

人間的に愛される人に傲慢な人はいません

北原さんは4トントラック109台分のコレクションの中で一つだけ棺桶に入れたいものは何ですか?という質問にこう答えています

北原照久さん
僕のコレクションに棺桶に入れて燃やすようなものは一つもありません。市井に埋もれ歴史に埋没してしまう貴重モノを集め後世に間違いなく残していくことだけが僕の使命ですから

バブル絶頂期にゴッホのひまわりを棺桶に入れて燃やしてほしいと言った大富豪がいましたが、その言葉の真意は別にして北原さんの言葉には確固としたポリシーを感じます

人が共に喜んでくれるような生きかたは自慢できる生き方です

”やったー!やったー!本当にラッキで幸せだ!みんなに感謝しなくちゃ!!”

そんな風に少年ぽく喜んでいる姿が目に浮かびますね

感謝と感動は人生を楽しく生きるために重要なキーワードだと思います

まとめ

北原さんから教わる成功の秘訣は2つ

①夢は言葉に出して言い続けること

②謙虚さを持った自慢家であること

人とのつながりを大切にするために大切なことですね

この記事はキクタス提供「人生に響くマガジン・キクマガ」を聴取して学んだこと感じたことを個人リスナーとして記事にしました

この記事が気に入ったら
いいね ! してね

Twitter で
The following two tabs change content below.

ono@comima.info

おのやすなり 日本コミュニテイー・マーケテイング研究会(通称コミマ) 代表 「社員のための社長史」「現代から見たあなたの過去と未来」「my life my art」などライフストーリーを伝えたいメッセージに変換し、発信を行っています。 1964年生まれ:大学卒業後、宝飾・アパレルチェーンにて、ストアマネージャー、エリアマネージャーとして勤務。その後温浴レジャー事業プロジェクトを計画していた企業に転職。取締役事業部長として複数の温浴施設、飲食店の開発、運営に携わる。 組織運営、顧客との関わりの中で重要な「理念」を伝えることを目的として会社設立。